ふたりのためのHappyフォトウェディングなび

東京近郊で最高のフォトウエディング!おすすめスタジオガイド

スタジオAQUA

スタジオAQUA
とにかく低価格なのに高品質なのが魅力☆
【フォトウエディング撮影料金】
洋装5,000円~/和装7,000円~
チャペフォト5,000円~/ロケ10,000円~

詳細はこちら

ワタベウェディング

ワタベウェディング
ブライダル大手だけあってプランが豊富
【フォトウエディング撮影料金】データ6カット
洋装28,000円~/和装38,000円~
ロケ78,000円~

詳細はこちら

スタジオアーク

スタジオアーク ドレスの可愛さが人気♪
【フォトウエディング撮影料金】データ1カット
洋装8,888円~/和装8,888円~
ロケ19,800円~ ※ロケについて東京は要問合せ

詳細はこちら

HOME » 撮影スタイル別 フォトウェディングのススメ » フォトウェディングおすすめロケーション【東京編】

フォトウェディングおすすめロケーション【東京編】

ここでは、東京都内にあるフォトウェディングのおすすめロケーションをご紹介します。日ごろから馴染みの場所かも知れませんが、馴染みの場所だからこそ、ウェディングドレスを着て歩くときの感動もひとしおです。

東京でおすすめのフォトウェディングロケーション10選

都内でおすすめのフォトウェディングロケーションを10箇所ピックアップしてみました。

1.丸の内

都内のフォトウェディング定番ロケーションとなっているのが、丸の内周辺。2012年、東京駅の駅舎がレンガ作りで再興されたことをきっかけに、フォトウェディングに関わらず、今や様々な目的の撮影スポットとして注目されるようになりました。

日中、東京駅を美しいレンガをバックに撮影しても素敵ですが、日が落ちてからのライトアップされた東京駅をバックに撮影しても、とても雰囲気があります。

駅舎周辺以外にも、丸の内仲通りの並木通りは、フォトウェディングの定番スポット。ブライダルリングを「ティファニー」で購入したカップルの中には、ティファニー丸の内店の前で撮影する例も見られます。

2.東京タワー

こちらも、丸の内周辺と並ぶ都内フォトウェディングの定番スポット。すでにテレビ塔としての役割を終了しているものの、今でもなお「東京の景色」「東京の顔」としては、東京タワーを筆頭に思い浮かべる人も少なくありません。撮影スポットとしては、東京タワーを間近に望む芝公園が人気。他にも、東京タワーを美しく望めるスポットとして増上寺がおすすめです。

東京タワーを背景に撮影する場合は、日中はもちろん、夜間のライトアップ後の景色も収めておきたいところ。

3.お台場海浜公園

都内在住のカップルであれば、きっと、お台場海浜公園にデートに行ったことは何度もあるのではないでしょうか?様々なイベントが催されたり、テレビドラマに使われたりなど、すっかりお台場海浜公園は東京の顔として定着した感があります。

お台場でフォトウェディングの撮影をする場合には、ぜひ夕方のレインボーブリッジを背景に撮影を計画したいところ。まだ日が暮れきっていない時間帯、レインボーブリッジのライトアップがスタートしたその瞬間こそ、都内に無二のロマンチックな景色が背景に広がります。

4.浅草

和装でフォトウェディングをする予定のカップルには、浅草を始めとした東京下町での撮影がおすすめ。全国、全世界から観光客が訪れる雷門の前で、多くの人たちから祝福されながら撮影してもらうことができます。ちなみに浅草では人力車が運行しているので、ぜひチャーターして撮影に活かしてみましょう。

浅草からタクシーで10分くらい移動すると、東京の新しい顔「東京スカイツリー」があります。せっかくの機会ですから、撮影スタッフにお願いして「東京スカイツリー」も背景にして撮影してもらってはいかがでしょうか?

5.代々木公園

テレビドラマで登場する都内の公園は、その大半が代々木公園ではないでしょうか?多くのテレビドラマで代々木公園が選ばれている理由は、他でもない、園内のどこで撮影しても絵になるから。フォトウェディングの撮影においても、選ぶことができないほど、あちこちに素敵な景色を見つけることができます。

園内には池や橋もあるので、和装の撮影にもしっかりマッチ。点在するベンチに二人で腰を掛けて、かの「腕枕ショット」を撮ることも可能です。緑の多い公園の利を活かし、新緑の季節の日中に撮ることをお勧めします。

6.浜離宮庭園

江戸時代から存在する庭園としては、都内最大の浜離宮庭園。広大な敷地の中には、池、橋、茶屋があるなど、およそ「和装のフォトウェディング」を目的に用意された舞台かのよう。

園内には自然が多いため、春夏秋冬、季節に応じた様々な顔を楽しむことができます。よって一年中、いつ撮影を行なっても絵になる庭園ですが、特にお勧めは春と秋。桜が咲き誇る春、紅葉が広がる秋は、浜離宮庭園の魅力を最大限に享受できる季節と言えます。

7.葛西臨海公園

東京湾に面した都内最大規模の公園、葛西臨海公園。一番の魅力は、やっぱりその広大な芝生でしょう。芝生の上で無邪気にたわむれる二人の姿は、フォトウェディングの理想的定番。ナチュラルで楽しそうな二人の名ショットを、たくさん収めることができるでしょう。

芝生から伸びる汐風の広場ソーンには、砂浜が広がります。海を背景にしたビーチショットも、たくさん撮ることができますね。真っ青な海と空を背景に、真っ白なウェディングドレスとタキシード。色のよく映えた最高の写真を残すことができるでしょう。巨大観覧車の下での撮影も人気のようです。

8.昭和記念公園

立川市にある、都内最大級の面積を誇る公園。その広さは実に東京ドーム39個分にもなるとのことですが、実に想像のできない広さです。

それだけ広いからこそ、園内には趣の異なる様々な景色が点在。並木道、芝生、お花畑、池などなど、様々な景色を選んで多彩なバリエーションで撮影をすることができます。

自然の多い公園なので、春、夏、秋、いずれの季節でも素敵な景色が園内一杯に広がりますが、一方で、クリスマスイルミネーションを展開する冬の景色もロマンチック。春夏秋冬、いつでもフォトウェディングに適しているとして「都内の公園ならココが一番!」というカメラマンもいるほどです。

9.小石川後楽園

和装でのフォトウェディングを予定しているカップルには、浜離宮庭園以外に、小石川後楽園もおすすめです。朱塗りの太鼓橋を和装の二人が渡る姿は、まるで京都のいずこかを彷彿とさせるイメージ。太鼓橋の他にも、池、石橋、茅葺屋根の建物など、まさに和装にピッタリ合う景色がたくさんあります。

緑の木々が非常に多い庭園なので、直射日光は木や葉に遮られる形。逆光を遮る緑の木々は、薄緑となってカップルをやさしく包みます。夏でも比較的涼しく撮影ができるロケーション。

10.渋谷駅前スクランブル交差点

渋谷駅前のスクランブル交差点。都内在住の方はもとより、テレビなどを通じて日本中の方がよくご存知のスポットですね。今や、世界的にも有名な日本を代表する観光スポットです。

この、言わば「日本で一番目立つ場所」でフォトウェディングを行なってみてはいかがでしょうか?大勢の人が行き交う渋谷の日常空間の中に、ウェディングドレスとタキシードを身にまとった二人。その大きなギャップこそ、結婚という二人の特別感を存分に演出することでしょう。

【番外編】二人の思い出の場所

特別に有名な場所ではなくても、二人にとっての思い出の深い場所であれば、そこを撮影ロケーションとして選択しても良いかも知れません。

たとえば、二人が同じ大学で出会ったのであれば、母校をメインに、二人に馴染みのある周辺の景色で撮影しても良いでしょう。あるいは、二人がデパートの屋上のアルバイトで出会ったのであれば、そのデパートの屋上をメインに、二人で重ねた周辺のデートスポットで撮影しても良いでしょう。

撮影に及んでは、その場所での撮影許可が必要となるかも知れません。もし実現すれば、どんな美しい景色よりも、きっと二人にとっての大切な思い出となるのではないでしょうか?

 

撮影スタイル別 フォトウェディングのススメ

先輩カップルのフォトウェディング口コミ集

東京近郊で人気のフォトウェディングスタジオ

フォトウェディングのロケーションを下見できる?

フォトウェディングの撮影枚数は?

フォトウェディングにかかる撮影時間は?

前撮りが人気!フォトウェディング業者選びで注意したいポイント