ふたりのためのHappyフォトウェディングなび

東京近郊で最高のフォトウエディング!おすすめスタジオガイド

HOME » 先輩カップルのフォトウェディング口コミ集

先輩カップルのフォトウェディング口コミ集

フォトウエディングは、新しい結婚スタイル。近くにある写真館の撮影と違って、お二人らしいオリジナリティあふれる写真が残せるのが魅力なのです。

先輩カップルが語るフォトウエディングの真相

色々な業者のホームページを見ていると、先輩カップルの写真が一部公開されていますが、どの方も幸せそうな笑顔。
ふたりらしさがよく表現されている写真がとても多いです。今、選ぶ方が増えている理由がよく分かります。

でも、まわりに体験したカップルがいなくて話も聞けない、どんな感じで撮影するの? みんなはどんなプランを選んでいるの?など、色々気になりますよね。

スタジオやチャペル、ロケーションなど、撮影する場所は、色々プランがありますし、女性にとって大事な「衣装」も、もちろん選べます。
憧れのウエディングドレスにするか、日本人らしい豪華な和装にするか、迷われている方もいらっしゃると思います。

このカテゴリーでは、これからフォトウエディングを行ってみたいカップルのために、口コミ情報をたくさん集めてみました。
洋装篇・和装篇の2ページに分けて、自分達らしい撮影ができた!こんなプランや撮影方法がおすすめ、など
体験した方々にしか分からないリアルな声をご紹介しています。

ふたりで読んでいただくと、こんな撮影方法があるんだ、楽しそうだな、と、感じていただけると思いますし、これからプランを考えるヒントになると思います。
ぜひぜひお気軽にご覧ください。

洋装のメリット

洋装イメージ

最近ではもはやウエディングの王道となった洋装ですが、多くのカップルに支持されるのにはそれなりの理由があります。

それでは早速、洋装のメリットについて見てみましょう。

動きやすくて楽

洋装の場合は和装よりも着やすくて、身軽に移動できることが特徴です。

ドレスのデザインによっては長さや広がりに気をつける必要もありますが、体を締め付けられないので負担は少ないでしょう。長時間の撮影なら、洋装のほうがラクです。

ふたりでジャンプしているところ。お姫様抱っこをしてもらっている場面など、アクティブに色々なポーズが可能で、個性的な写真に仕上げられます。

洋装ならなりたい自分を演出できる

可愛いらしく演出したいならプリンセスライン、エレガントな大人のシルエットにしたいならマーメイドラインや、ストラップのないビスチェや肩の部分がカットされているアメリカンスリーブがおすすめです。

ロングトレーンを着て撮影すれば、さらに華やかさがアップします。ウエディングドレスの他に、カラードレスを追加すれば、お色直しをしたような演出もでき、新郎神父の色々な表情も映し出してもらえるでしょう。

また、衣装の選択肢が少ない場合であっても、ヘアメイクだけで、甘すぎる雰囲気をシックなものへ変えることもできます。フォトウエディングでは撮影だけでも十分に楽しめますが、ティアラやベール、ネックレスやグローブなどの組み合わせを選ぶ時間もまた楽しいものです。

洋装なら長袖ドレスやタキシードでスタイリッシュな印象に

女優の北川景子さんは、清楚で可憐なハイネックの長袖ドレスでした。イギリスのキャサリン妃も総レースの長袖。長袖なら、和装と同じように肌の露出を控えることもできます。

また、和装とは違うスタイリッシュなカッコよさを見せられるのは、男性のタキシード・セレモニースーツでしょう。職場で着ているスーツのデザインとあまり変わりはありませんが、色や素材・デザインによってスマートさをアピールできます。

妊娠中の花嫁や子どもとの撮影も安心

また、妊娠中でも洋装だとあまり違和感がないでしょう。お腹のふくらみが目立つようになってもドレスとブーケでカバーできるため、体調さえ崩さない安定期なら撮影は可能です。

小さな子供と一緒に撮影することもできるため、授かり婚で結婚式を挙げていないカップルは、子どもの様子を見ながら一緒に撮影することもできるでしょう。

洋装ならロケーション撮影でドラマチックに

ロケーション撮影は、チャペル・公園・並木道・海・観光地などの場所が似合います。例えばクラシカルな洋館。緑のキレイな芝生の上。ラベンダー畑の真ん中。ロマンティックな夜景を背景にしても良いですよね。

コミカルな軽さを表現したり、ドラマのワンシーンを再現したシュチュエーションも洋装ならではと言えるかもしれません。

洋装のデメリット

洋装では様々なデザインの中からドレスを選ぶことができますが、デザインによっては肌の露出が多くなるものもあり、その場合は背中のうぶ毛など、事前にしっかりとケアをしておく必要があるでしょう。

また、最近では洋装を選ぶ方が多いため、無難な印象にもなりがちです。

しかし、自分の体形や悩みをカバーするドレスや、個性的なドレスやシチュエーションを選ぶことで、これらのデメリットを解消することができるでしょう。

洋装フォトならふたりの仲の良さがアピールできる!

どんな衣装を選ぶかにもよりますが、和装とは違ってナチュラルな印象を持たせることもできます。自分たちらしい姿。ありのままの笑顔やポーズを映し出すことができるため、ふたりの仲の良さを伝えられるでしょう。

堅苦しさはなく、しあわせな生活を想像させられます。特に未婚の女性であれば、結婚への憧れを抱くかもしれません。

>>洋装編

和装のメリット

和装イメージ

なんとなく和装は大変そうな気がする…。

そんなイメージを抱いている方もいらっしゃるかもしれません。

昔のような綿帽子や角隠しではなく、編み込みを使った花冠なども人気で、「結婚式や披露宴でドレスを着たけど和装も」という方にフォトウェディングが増えています。

以下では、和装のメリットについてご紹介します。

男性も女性も気品のある演出ができる

和装の場合は白無垢や色打ち掛けとなりますが、最近はヘアメイクを現代風にアレンジしているため、かつらや白ぬりが絶対ではありません。

大きめのリボンや花かんざしをつけて、優雅で気品のある和装にカジュアルさをプラスすることもできます。日本文化ならではの伝統的な衣装を着ることで、静かな美しさを表現できるでしょう。淡い地色であれば清純さ。本格的な友禅の黒引き振り袖などもあり、金箔や刺繍で豪華さを身にまとえます。

また、洋装とは違って、男性側も引き締まった感覚を味わえます。女性ほどバリエーションがあるわけではありませんが、黒五つ紋付き羽織袴や色紋付き羽織袴で、凛々しさや男らしさを感じられるでしょう。これから大黒柱として引っ張っていく。そんな気持ちが再確認できるかもしれません。

体のラインが気にならない

体のラインが見えない和装は、スタイルに関係ありません。肩や二の腕、身長や腰周りが気になっていたとしても、すべて衣装の中に包まれるため表に出さなくて良いのです。妊娠中の撮影でマタニティ用に着付けをするところもありますが、洋装に比べると重さがあるため人によっては不向きと言えるでしょう。

四季の美しさが映える和装のロケーション撮影

和装のロケーション撮影は、神社・寺・歴史的建築物などが似合います。例えば桜や紅葉の見事な日本庭園、重要文化財の迎賓館・新緑が見事な竹林など、和装だからこその四季に映える伝統美を引き出してもらえます。

人力車に乗ったり和傘で歩いたり、趣きある和の世界を表現できるでしょう。茶室や屋内庭園などが完備されているスタジオもあって、畳の上で正座して三つ指をつく姿をカメラへ収めることもできます。

両親に喜ばれやすい

和装の場合、親の希望に応えられる可能性もあります。あえて言葉を挟まない。ふたりに任せる。そういう距離感を保っているケースも見られますが、和装のフォトウェディングは両親の期待に沿っているかもしれません。

花嫁姿として、祖父母や親族に見せる1枚として自慢しても良いでしょう。個人差はあっても、和装は義理両親にも歓迎されやすいですね。

和装のデメリット

和装のデメリットは、やはり着付け・ヘアメイクに時間が必要となることです。そのため、花嫁が妊娠中の場合や、子どもを連れて撮影をする場合には体調管理などに注意が必要になるでしょう。

また、普段から和装に慣れていない方にとっては動きにくく感じてしまうこともあるでしょう。そのため、元気なイメージの演出には不向きと言えます。

ただ、白無垢や色打掛が着られるチャンスは一生に一度といっても過言ではありません。着付けに時間がかかったり、動きづらさといったことも、時が経てば素敵な想い出になるはずです。

和装フォトなら厳かにふたりの絆がアピールできる!

洋装とは違う厳かな印象があるかもしれません。日常とはまったく離れた衣装なので、改まった雰囲気を感じさせます。日頃の服装とギャップはありますが、そこがまた魅力の1つで、ふたりの絆や誠実さも伝えられます。

これから始まる新しい人生へ向けて、お互いに協力し合いながら進んでいくような印象を与えられるでしょう。

>>和装編

 

撮影スタイル別 フォトウェディングのススメ

先輩カップルのフォトウェディング口コミ集

東京近郊で人気のフォトウェディングスタジオ

フォトウェディングのロケーションを下見できる?

フォトウェディングの撮影枚数は?

フォトウェディングにかかる撮影時間は?

前撮りが人気!フォトウェディング業者選びで注意したいポイント